• SHOP INFO
  • 税込1万円以上のお買い上げで送料無料
  • スタッフ募集

アイテム別

部族別

アーティスト別(アルファベット順)

ナバホ族

ズニ族

ホピ族

サントドミンゴ族

イスレタ族

 

インディアン部族について

アメリカインディアン、ネイティブアメリカンと呼ばれる人々

2万年も前からアメリカ大陸で独自の文化を築いていた人々のことを、今は尊称も含め『ネイティブズ=ネイティブアメリカン』と呼びます。
北アメリカ大陸はもともとネイティブアメリカン(先住民)の土地であったのを、500年ほど前頃からヨーロッパ人が侵略を始め移住し続けて現在に至っています。

一言でネイティブアメリカンといっても、そこには文化、言葉、風習の違う数々の部族がいます。

例えば、アパッチ、チェロキー、スー、ホピ、ズニ、ナバホなどがよく知られています。彼らは山岳地帯、砂漠、平原それぞれの気候風土にあった暮らしを、それぞれの世界観で営んできたのです。自らも自然の一部ととらえ、自然と調和し、精霊に敬意を払うという思想です。

のちにヨーロッパ人の殺戮、略奪によって多くの部族が滅びましたが、現在はPOWWOWなどのムーブメントが部族を超えて交流しネイティブアメリカンの伝統文化の継承に役立っています。

インディアンジュエリーとターコイズ


「ターコイズ」はアメリカ・インディアンの生活や伝統文化に古くから深い関わりを持つ石です。神より祝福を受けた神聖な石、旅の守護石、幸運を呼び込む石として扱われ、常にネイティブアメリカンの生活とともにあります。紀元前より装飾品やお守り、儀式の呪術品として使用され、後に交易品として長い歴史を歩んだこの青く美しい鉱石を、北米大陸のアメリカ先住民は『空の石』と呼びました。

19世紀、メキシコ人からナバホ族に伝わったとされている彫金技術は、他部族にも広まりました。(ナバホ初の彫金師の登場よりも早く、ズ二族に彫金技術が伝えられていたという説もあります。)これらネイティブアメリカンによる、ハンドメイドで制作された銀製の装飾品は、現在では『インディアンジュエリー』と呼ばれ、多くのコレクターを世界中に持つ芸術品として評価されています。



ナバホ族

数ある部族の中でも合衆国最大の人口を有するナバホ族は、西暦1400年頃現在の北米南西部に移住してきたといわれています。

昔ながらのシンプルな彫金技法で制作されたナバホ族のジュエリーは『オールドスタイル』と呼ばれ、日本でも大変人気があります。また、宗教的にも重要な役割を果たすターコイズは、現在も彼らナバホ族が制作するジュエリーに積極的に使用され、ナバホのオールドスタイルとはまさに切っても切れない関係です。

オールドスタイルジュエリーは、主に鏨(たがね)をハンマーで打ち付けて模様をつけるスタンプワーク技法をふんだんに用いて製作されます。

このように裏から板を打って模様を浮き上げさせる技法もあります。

現在では燻し(いぶし)、ワイヤーワーク、ハンダ付け、ロウ付けなどをさらに巧みに加えた装飾性の高いジュエリーも多く作られるようになりました。

ホピ族

『オーバーレイ』という彫金技法を巧みに使い、切り絵の様なデザイン性の高いジュエリーを制作する部族です。

テクスチャーをつけ、真黒く燻された銀板に、切り抜いたシャイニーな銀板をロウ付けするのがこのオーバーレイという技法です。デザインを切り抜く際は糸鋸(いとのこぎり)を用い、手作業で慎重に行われます。

部族に伝わる神話や儀式『カチナ』と呼ばれる精霊、プエブロの模様などをデザインのモチーフとして使用します。

「平和の民」ホピ族は、紀元前よりアメリカのフォーコーナーズ付近で生活を続けてきた、古い歴史をもつ部族です。複雑で厚みのある宗教的世界観を持ち、その全てを部族外の人間が知ることは許されていません。ジュエリーに表現される宗教世界も彼らの秘密のほんの一部分ですが、同じように自然崇拝の歴史が色濃い私たち日本人との共通点も数多く発見できます。

ズニ族


紀元前より続く大変歴史の古い部族です。ズ二族はホピ族と地理的に近いため、宗教観や崇拝するカチナ(精霊)に様々な共通点が見られます。部族外には決して教えない宗教上の秘密が数多く存在し、ジュエリーのモチーフからのみでは計り知ることの出来ない世界観を持った部族です。

インレイ技法(象嵌ともいう。モザイクのように石を切り合わせてシルバーに埋め込む彫金技法です。)を用いてカラフルで精巧なジュエリーを制作することで有名です。

また、ニードルポイントと呼ばれる非常に繊細なジュエリーも多く作られています。

サントドミンゴ族

リオグランデ周辺で生活する部族です。本来の土着の自然信仰と先祖崇拝、そしてクリスチャニティーが混在した、非常に独特でユニークな文化を持っています。

ジュエリーにおいては、『ヒシ』と呼ばれるネックレス制作で大変有名です。貝などを材料に、ハンドメイドビーズでチューブ状のネックレスを制作します。

また、天然石と貝殻を使用したモザイクジュエリーも制作します。

サントドミンゴのジュエリーは彫金の魅力に勝るほどの色彩の美しさと、自然の恵みから得た素材のコンビネーションを楽しめます。

ページトップへ